私たちの仕事です。
国土の保全と資源のリサイクル。



横浜全建は昭和45年に設立依頼、産業廃棄物収集運搬業、建設汚泥中間処理業、再生処理業、

とび・土木工事業を柱に、適正な処理と再資源化を心がけた事業を展開してまいりました。現在では、

流動化処理工法を積極的に取り入れたり、べントナイト安定液の再生装置を設けるなど、建設副産物

の再利用を目指した総合的な技術開発に取り組んでおります。 リサイクルセンター金沢工場では、

地球環境の保護と資源の再利用化に根ざした建設汚泥専用の中間処理施設として、一日 3,600m3 (分級

1,200m3 /日・混練2,400m3 /日)の処理能力と一日1,692m3 (流動化処理1,440m3 /日・安定液再生

252m3/日)の再生能力を持ち、首都圏でも最大級の規模を誇っております。
          
”国土の保全と資源のリサイクル” 当社の使命はこの一言に尽きるといっても過言ではありません。

今後も、積み重ねてきた経験を生かし、産業廃棄物の減量化と自然環境の保全を基本理念として、社

会の発展に大きく貢献できるよう努めてまいります。                     

 
 
                   代表取締役 吾妻 泉